山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

仮想通貨市場に年末へ向けた昨年のラリー再来!?著名投資家ノボグラッツ氏が指摘!チャート解説

投稿日:

米の著名投資家であり、仮想通貨投資ファンドCEOも務めるマイク・ノボグラッツ氏のツイートが話題になっています。

チャート分析もあわせて解説します。

要点

・仮想通貨市場は年末へ向け大幅な上昇?
ノボグラッツ氏は独自のチャート分析により、仮想通貨市場が底入れしたとの見解を示しました。

BGCIによるチャート分析

これはBGCIのチャートです...私は昨日(13日)底入れしたと思います。昨年末の高値と、大規模なラリー/バブルにつながった加速のポイントに再びタッチしました...。仮想通貨市場は、ブレークアウトしようとしています。バブルの調整は終わりました

13日、仮想通貨市場は大幅な反発をしましたが、これを受けノボグラッツ氏は「仮想通貨市場が底入れをした」とツイートしました。

BGCIとは、ノボグラッツ氏がCEOを務めるギャラクシーデジタルとブルームバーグが提携してつくられた仮想通貨の指数です。

その指数が、昨年12月のラリーを開始したポイントに到達したため、再度仮想通貨市場は年末へ向けて上昇するのではないかという見解のようです。

当ブログでも紹介していましたが、仮想通貨市場は直近3年間、9月~12月に上昇しており、今年もその可能性はなくはないと言えるでしょう。

過去3年間、仮想通貨市場は9月~12月に暴騰!2018年も年末へ向け価格は暴騰するのか!?チャートで解説

 

6000ドルからの上昇がキーポイントに?

実際に、昨年のチャートをみてみると、2017年11月17日に安値5800ドルをつけてから、12月まで急上昇しているのがわかります。

ビットコインドル 日足

こちらも当ブログでも紹介していましたが、6000ドルというのは、ビットコインの非常に重要なサポートです。

今回の下落でも6000ドルはサポートされているため、ここを起点にラリーが再開できるかは注目ポイントでしょう。

 

年末へ向けての材料

また、チャートだけではなく、具体的な上昇材料も9月末から豊富に控えています。

今月末にはVanEck/SoildX版ETFの可否判断、11月にはBakktの先物上場、またこの1週間のうちに米国でカストデイサービスの提供、モルガンスタンレーのビットコインスワップ取引の開始など、重要な報道が多々ありました。

ETFの動向も併せて、法整備が整ってきているのは確かなので、今月から年末へ向けての相場は要注目となるでしょう。

歴史的判決か!米で2つの仮想通貨に証券法が適用され判決が下される!わかりやすく解説!

ビットコインETFの重要性を再確認!4人の専門家が指摘するETFの重要性とは?

 

まとめ

もちろん、必ずしもノボグラッツ氏の指摘が当たるとは限りません。

仮想通貨市場は13日に反発しましたが、今後の6000ドルをサポートにして上昇していけるのかには注目です。

そして、年後半からの市場の重要なイベント・米国を中心とした規制動向は引き続き重要なポイントとなるでしょう。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.