仮想通貨ニュース

テスラ社のBTC決済、再開の条件となる数値が判明!BTC / アナリスト「今後3年間で1BTCあたり28万ドル超になる予測は今も有効」

投稿日:

テスラ社のBTC決済、再開の条件となる数値が判明!BTCは現在420万円台

要点

・イーロン・マスク氏がBTC暴落の原因となった発言を撤回し、BTC決済の可能性を示唆した

・示唆されていたテスラ社のBTC決済の再会の条件が明らかに

テスラCEOイーロン・マスク氏の
BTC決済再開臭わせツイートで
ビットコイン価格は現在429万円まで戻しました。

イーロン・マスク氏のツイートによると

「仮想通貨のクリーンエネルギー使用率が
50%に達したタイミングで、
テスラ社で一時的に停止した決済再開の許可を行う」

とのことです。

金融サービス会社SygniaのCEOは

「最近のビットコイン市場は、
影響力のある一人の個人による価格操作であり
米SECの調査対象となってもおかしくない行為だ」

と指摘しています。

イーロン・マスク氏はこれに対して

「正確ではない。
テスラ社が保有額の10%を売却したのは、
仮想通貨市場の流動性の中で、
マーケットに影響を与えずに売却できるかを
確認するためだ」

と弁解しています。

 

■ネットの反応

イーロン・マスク氏による「お騒がせツイート」は

今後も続きそうだという見解が投資家の間で一致しています。

 

アナリスト「今後3年間で1BTCあたり28万ドル超になる予測は今も有効」

要点

・ストック・フロー比率(S2F)モデル考案者のアナリストPlanB氏がビットコイン価格で強気予想

・「今後3年間で1BTCあたりの理論価格が28万8,000ドルになる」との予想を今も提唱

ストック・フロー比率(S2F)モデルを用いて、
仮想通貨相場を分析する著名アナリストの
PlanB氏は、現在でもなお

「今後3年間で1BTCあたりの理論価格が
28万8,000ドル(約3,160万円)となる」

という強気の予想を崩していません。

同氏は「この予想は今でも有効」とツイートしました。

現時点でのビットコイン価格は
PlanB氏のモデルの予想ラインより下方にあります。

しかしPlanB氏は自信を崩さず

「このような偏差は、ビットコインの価格が暴騰した
2013年や2017年にも見られたものであり、
半減期後に見られる『慣性』に過ぎない」

と言い切りました。

 

今回の記事のまとめ

■『テスラ社のBTC決済、再開の条件となる数値が判明!BTCは現在420万円台』について

・ビットコイン価格が現在イーロン・マスク砲によって急騰

・イーロン氏によると「仮想通貨のクリーンエネルギー使用率が50%に達したタイミング」で決済再開するとのこと

■『アナリスト「今後3年間で1BTCあたり28万ドル超になる予測は今も有効」』について

・S2Fモデルの考案者である著名アナリストが「BTC価格は三年間で28万ドルを超える」との予想を崩さず

・現在のビットコイン価格の低調は「過去の事例にもあった慣性にすぎない」としている

 

「相場操縦まがい」と各所から批判を浴びているイーロン・マスクCEOが

再びツイッターに投下した爆弾発言によってBTC価格は激しく急騰し

大騒ぎとなっています。

前日比で50万円近く上昇していますが、このラインを維持できれば

上昇トレンドに乗れるのではないかと思われます。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.