仮想通貨ニュース

Twitter、ビットコイン決済システム導入の可能性か / BTCマイニング協議会が正式発足へ!ただしイーロン・マスクは関与せず

投稿日:

Twitter、ビットコイン決済システム導入の可能性か

要点

・ツイッター社のCEOがBTCのライトニングネットワーク導入を示唆

・フォロワーからの導入嘆願に「時間の問題」と前向きなコメント

ツイッター社のジャック・ドーシーCEOが
11日にビットコインの
ライトニング・ネットワークを
ツイッターなどで導入する可能性を示唆しました。

仮想通貨ポッドキャスト
「Tales From The Crypt」を視聴している画面を投稿した
ドーシー氏は
「Sphinx Chatは素晴らしい」とコメントしました。

Sphinx Chatはライトニング・ネットワークを利用した
ウォレット兼チャットアプリです。

また、フォロワーからの

「ライトニングネットワークをBlueSkyやツイッターに導入して欲しい」

というコメントに対し、

「時間の問題だ」

と答えています。

なお、それ以上の詳細情報は出ていません。

またドーシー氏は大手決済アプリ「スクエア」のCEOも兼任しており、
5日にビットコインのハードウェアウォレットの開発を検討していることを
明かしています。

 

■ネットの反応

ツイッターでビットコインの投げ銭が出来るようになる

未来はそう遠くないかも知れません。

 

BTCマイニング協議会が正式発足へ!ただしイーロン・マスクは関与せず

要点

・イーロン・マスク氏が提案したビットコインマイニング協議会が正式発足

・ただし発起人であるイーロン氏は協議会に関与せず

ビットコインマイニング協議会(BMC)が
10日に正式に発足しました。

もともと協議会は、5月後半に
イーロン・マスク氏がツイッター上で最初に提案したもの。
ですがマスク氏は協議会の中では
何の役割も負わないと言います。

協議会の公式サイトでは次のように強調されています。

「イーロン・マスクはBMCでの役割は何もない。
彼の関与は、ビットコインのマイニングについて話し合うために、
北米の企業グループとの教育的な協議に参加することのみだ」

なお、マイクロストラテジーのマイケル・セイラーCEOも
協議会の創設メンバーの1人です。

 

 

今回の記事のまとめ

■『Twitter、ビットコイン決済システム導入の可能性か』について

・ツイッター社のCEOがビットコイン決済システムの導入を示唆

・フォロワーからの同システムの導入お願いに「時間の問題だ」と前向き回答

■『BTCマイニング協議会が正式発足へ!ただしイーロン・マスクは関与せず』について

・イーロン・マスク氏がツイッター上で提案したビットコインマイニング協議会(BMC)が10日に発足

・ただし、イーロン・マスク氏はBMCに不参加

 

もしツイッターでのビットコイン決済導入が現実化したら

とんでもなく大きいプラス材料になる可能性が高いです。

ドーシーCEOはBTC大量保有企業である

「スクエア」CEOも兼任していますので

可能性はさほど低くないと思われます。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.